ニッケつどい一宮 「表彰おめでとうございます!」

デイサービスセンター「ニッケつどい一宮」のあん摩マッサージ指圧師の坂井先生がこの度、「障害者自立更生等厚生労働大臣表彰」ということで厚生労働大臣からの表彰を受けました。妻のヨシ子さん(元ニッケ銀羊苑一宮の看護師として勤めて頂いたこともございます)が介護者として同伴されています。推薦者は稲沢市および 愛知県。

先生は60歳の時に視覚の障害を負い、それからマッサージの学校へ。
そこからあん摩マッサージ指圧師の資格を取得、2005年よりデイサービスセンター銀羊苑一宮(現つどい一宮)に勤務、長らくそこに通う利用者さんのためにずっと貢献されています。
障害者自立ということで、ご自分の足で稲沢の自宅から電車で一宮の今伊勢まで通勤、ハンディキャップがありながらもここまで努力を続けたこと、同時に稲沢市の障害者団体の役員を務められてきた功績を認められての表彰になります。

【先生より一言】
『60歳で、あんま マッサージ 指圧師の国家免許を取得し、その後20年近く マッサージのお仕事で働いています。
また稲沢市の障害者団体で活動させてもらっています。
つどいさんにお世話になる前は、接骨院で4年間、つどいさんには15年勤めさせてもらっています。 本当に長い間、代々の施設長様 また大勢の職員の皆様に助けられて、現在も、頑張れるのです。
有り難うございます。心より感謝申し上げます。』
また2月17日には東京で、厚生労働大臣表彰式典及び天皇・皇后両陛下拝謁の機会がございました。
その際のご様子もメールで教えて頂いています。

【天皇・皇后両陛下拝謁を終えて】
『今日、厚生労働大臣賞の表彰式典と、皇居で 天皇皇后両陛下の拝謁を、頂戴いただきました。
私の人生で最高の、思い出となる、一日でした。
そして、天皇皇后両陛下様からお言葉を頂戴致しました。
少しは 震えて、お話を、させていただきました。
「何県から来られましたか?」
「はい 愛知県の稲沢市から参りました。」
「どんな、お仕事されていますか?」
「はい60歳で国家免許を取得して、マッサージのお仕事を20年間、続けてさせてもらっています。
たくさんの方々に助けられて、自立ができました。毎日感謝 感謝の気持ちでいっぱいです。」
「それは大変に良かったですね。」
お体を大切にして、がんばって下さいねと暖かいお言葉をいただきました。』

介護事業本部  髙橋