ニッケあすも一宮 「中国琵琶演奏会」

先日、あすも一宮では「中国琵琶演奏会」が行われました。入居者様の家族様のご紹介で、今回初めてボランティアにお越しいただくことになりました。
あまり馴染みのない中国琵琶。一体どのような音色で、どのような演奏を聴くことができるのだろうか・・・演奏前の会場は、何ともいえない緊張感が漂っていました。
そして、演奏が始まると・・・フロア内に力強くリズミカルな音色が響き渡りました!これには入居者様も驚かれたご様子で「スゴい!」「カッコイイ!迫力ある演奏だね!」と感動されていました。
作りや材質、演奏方法など、日本の琵琶との違いもあり、それが音色の違いに繋がっているそうです。
(日本で知られている琵琶が「撥」を使って演奏するのに対し、中国琵琶は「爪」を付けて行う等)
その後も、ピアノにあわせて入居者様が知っている曲を演奏してくださり、一緒に歌いながら楽しむなど、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。
大変嬉しいことに「またあすもで演奏を」というお話をいただきました。
本当にありがとうございます。
楽しみにしておりますので、今後ともよろしくお願い致します。

ニッケあすも一宮  兼田