ニッケあすも加古川 「あすものえべっさん祭り!疫病退散!」

新年を迎えましたが、コロナの影響で気軽に外出したりご家族様に会えなかったりと、少なからず寂しさを感じてしまう2021年の始まり。
そこで、あすもスタッフが皆様の笑顔を取り戻すべく立ち上がりました!緊急企画!ちょうど十日えびすの時期です。「えべっさん」ですね。
スタッフ間で知恵を出し合い、あすも加古川内で1F・2Fとそれぞれのフロアでお祭り開催となりました。
巫女に扮したスタッフが登場すると、入居者様から「おお!」と声が上がりました。まさか本格的な衣装で巫女さんが登場するとは思わなかったので、びっくり!次いでもう1人、今度は神主さんが登場!再び「うわ!」と歓喜の声。

「次は、「神楽(かぐら)舞」。神様に舞を奉納することで祈願いたします。」
笛や太鼓の神楽の曲が流れ出します。
神楽鈴を持って鳴らしながら大きな扇子で顔を隠した更なるスタッフの登場に、入居者様もドキドキ。
そして、大きな扇子から顔が出たとき、入居者様から爆笑の渦が!だって白塗りの化粧を施したお顔が出てきたのですから(^_^)サプライズ成功♪
神楽の曲に合わせてコミカル?に踊り、入居者様には鳴子を持って頂いて音楽とスタッフの音頭に合わせて、「疫病退散!」と鳴子の音がフロア内に響き渡りました。

最後に、コロナで頑張っている皆様に、日本全体に、世界中に、三三七拍子をみんなで心を込めて、鳴子でエールを送りました。


レクが終わり、折り紙の得意な入居者様から、折り紙で作られた疫病退散で有名な「アマビエ」を飾りにどうぞ、といただきました。

コロナを吹き飛ばす勢いで、あすもには笑顔が満ち溢れていました。「笑う門には福来たる」。皆様の願い、神様に通じることでしょう。

ニッケあすも加古川  住友