ニッケあすも一宮 「左義長に行ってまいりました」

新年を迎え早2週間。今年も近隣の酒見神社で行われます「左義長」に参加してまいりました。
年末年始に飾っていたあすもの門松やしめ縄を焼いていただき、長かったお正月も一段落となります。
(正確には、今週末に控えております新年会を終えてですね)

ご入居者様と一緒にお出掛けすると、神社では宮司の方がお払いをされていました。
年初めの神事ということで神社内にも緊張感が走っていました。
その後、木で組まれた櫓に火がつけられると、「さあいくよ!」「次も入れて!」と集められたお正月飾りやお札などがどんどんと火の中に入れられていきました。

投げ込まれる度に大きくなる炎をみながら、「今年もこうやってここに来れたことが嬉しいね」「今年も良い一年にしたいわね」とお話をされる入居者様。
「家で過ごしてた頃はこういう行事に参加したことなかったけど、良いものね」と笑顔をみせていただきました。

そして、温かい火に身を寄せ温もりを感じながら、皆様の無病息災をお祈りしました。

さて、左義長を終えると、早1月中旬。
本年2020年は東京オリンピックの年でもあります。
どんな素敵な一年になるでしょうか?

私たち職員は、あすも一宮が皆様にとってよりよいホームとなりますよう日々精進してまいります。
改めまして、本年もよろしくお願い申し上げます。

ニッケあすも一宮  國友