ニッケ・ケアサービス中部エリア 「中堅・リーダー研修」

令和元年11月11日(月)。「元年 一という漢数字、月曜日ははじまり」ということで、全て一からスタートという意味合いが込められているかのような日付です。
そんなとても縁起の良い日が中部エリアのリーダー研修二期生の初日となりました。

今回のメンバーは第一期生とは違い、「既にリーダーである」という顔ぶれではありません。
これからそれぞれの施設において変化をもたらす可能性を秘めたメンバーになります。

研修では、未来デザインシートへ自分の施設について、自分が分析した内容を文章にして書き込むという内容もありました。
「言葉を口にするのは慣れているけど、改まってこうして文章にするのは難しい」という意見もありました。
回を重ねていくとこれを皆に向かって表現していくという高度なレベルになってきます。
「いかに普段から何も考えていないのかよくわかった」という声が的をえていました。ですが、これがはじまりなんです。
第一期生もこうだったなあ~と思い出します。
それでも、月日が経ち、いろいろなことを考えるようになり、それをいかに伝えるか、周りの協力を得るか、これまでの自分ではできなかった、やろうとしなかったことを行えるようになります。
次は2か月後。今回の研修では課題も出されています。
日常業務だけでなく、そのプラスアルファを考えた先に次のレベルが待っている。
今期もそれぞれの闘いが始まりました。

介護事業本部  高橋