ニッケ・フエルト銀羊苑 「地域交流会」

暦のうえでは爽やかな季節ですが、真夏を思わせる天候が続いています。

さて、当苑では通常営業の他に健康・介護予防・介護相談等の面から地域の皆様に貢献出来る事はないかと考え、先月より月に1度 “オープンサロン” と称した交流会をはじめました(参加費などはもちろんいただいておりません)。

今日ははその2回目。約1時間、“シナプソロジー” というプログラムで脳と身体を同時に働かせる事による活性化や日頃の溜まった疲れをリフレッシュして頂きました。今日行ったエクササイズを一部ご紹介します。

「後出しジャンケン」
「グー」「チョキ」「パー」のいずれか先生が出した後でそれに勝つように、また負けるように出していきます。利き手と反対の手で出すのが意外とムズカシイ・・・。加えてそれぞれ「石」「ハサミ」「紙」と呼び方を変えると「えーっ!」「しまったー!」などの声が飛び交い、とても盛り上がりました。
「スカーフぐるぐる」
ご覧のとおり、先生が「〇」「△」「□」と出す指示に合わせて持っているスカーフをぐるぐる回していきます。初めは座って、それから立って、それから足踏みをしながら・・・と徐々に難しくしていきます。手と足の動きがバラバラになったりして笑顔が絶えませんでした。
先生の指示で手と足を互い違いに前や横に動かしていきます。数字の指示ではスムーズに動かせるのですが、色の指示では考える時間が長くなったりまちがえたりして「あれっ?」「分からなくなってきたー」などなど笑いながらのお声が聞かれました。
まちがえたり、考えたり・・・適度に脳が混乱しながらも身体を動かしていく事で活性化につながります。
それを楽しく行える、シナプソロジーはそんなプログラムです。
その後はお飲物やお菓子などを召し上がりながらリラックスしていただきました。
またお気づきかと思いますが、今日は小さなお子さんも一緒になって身体を動かしました。
動きや表情がとても可愛くて一層和やかで楽しい時間を過ごせました。
シナプソロジーには限りないといっていいぐらいのエクササイズ内容があります。定期的に行ってみなさまの健康のお役に立てればと思います。
また、当苑ケアマネージャーも参加していますので、介護のご相談などもお気軽になさってください。
次回は6月30日の予定です。是非おまちしております。

ニッケ・フエルト銀羊苑  安部