ニッケあすも一宮 「鬼は外、福は内!」

2月4日、「あすも」で節分レクを行いました。
年に一度の行事ですが、楽しみにされている方も多くいらっしゃいます。

毎年どんな鬼さんがくるのか楽しみにしており、二人の鬼の登場に入居者様が手をたたいて喜ばれました。今年の青鬼は國友施設長、赤鬼は花ユニットの稲葉介護員です。

豆に見立てたお手玉を鬼めがけて投げるのですが、最初は「いいの?」と困り顔の方も、鬼が自ら「投げて投げて!」と声をかけると、遠慮がちに投げはじめ、だんだんと投げる力も強くなってきます。
「鬼は~外!福は~内!」とスタッフと一緒に声を出しながら投げます。
お手玉を手元にたくさん溜めてまとめて投げる方、一つずつ狙って投げる方、手加減して弱く投げてくださる方といらっしゃり、投げる力の弱い方もスタッフと一緒に投げたり、鬼が近くまで行って大サービスをしたりして、皆が平等に楽しめました。
最後には鬼もくたくたになり、無事に退治となりました。
入居者様は頑張った鬼たちを労うように「また来てね!」と笑顔で手を振ってくださり、さよならしました。

今年もあすもに「福」がたくさん訪れますように。

記 ニッケあすも一宮 鈴木