ニッケ一宮介護村 「介護村の夏祭り」

早いもので、今年で介護村の夏祭りは第3回目になります。
この歴史上稀にみる酷暑の中ですが、暑さに負けず、屋内、屋外とも屋台やテント張りの出店が立ち並びました。
今年は、新鮮なお野菜の販売、ゲームコーナー等の去年から始まったバザーだけではなく、屋外が充実。
もちろん、食べ物コーナーもしっかり!各屋台を回るだけでおなかが膨れます。
どて煮、から揚げ、焼きそば、白玉ぜんざい、たません、みたらし団子…。
夏祭りの司会を3年連続で務めさせていただいた私も、祭りの後に3キロ体重が増えるくらい食べつくしました(笑)
私のおススメは、「どて煮」でした。程よく甘く、ご飯に合う!!「ごはん」でも持って来れば良かった…。
「たません」は、出来立てが世界一ウマイ!

 

建物の中のお祭りも大盛り上がり!!武将隊のパフォーマンスと、和-KOさんの1年半ぶりというぶっつけ本番とは思えない激しい太鼓がオープニングアクト!
そのあとはあすなろ太鼓さんの正統派の和太鼓でした。太鼓は何度聞いても祭りの華ですね。
よさこいのチーム一豊さんの演舞と五感を刺激するパフォーマンスは会場に来て下さった近隣の方、あすも一宮に入居されている方、また、介護村内施設で宿泊や延長介護を利用されている方にとって、「真夏の夢」の時間でした。
毎年、今伊勢本神戸の輪くぐりと日にちが重なる当祭りですが、3年目にもなると、「ニッケの祭りに行ってから輪くぐりに行くことにしている」
という方も出てきたようで、地域の方達にとってはおなじみになってきたのかな?と思い、嬉しく思いました。
いつか、「輪くぐり」と並ぶ祭りになりたいなと思うのは、私だけでなく、夏祭り実行委員になった者すべての願いだと思います。
 
さて、来年は、どんな祭りになるのでしょうか!?
花火でも上げるか!!??
こうご期待!!

一宮介護村 村長 高橋