ニッケあすも一宮 「4月の会議と研修」

今月の会議では各委員会より反省と目標の発表、各部署からの連絡、勤続4年目のスタッフの表彰がありました。
今回は6名のスタッフが対象となりました。これからもますますあすも一宮で活躍してくださること、期待しています!

接遇委員会からは各事業所の取り組みと振り返りについての報告がありました。あすもは接遇委員会ができ、毎日スローガンを復唱することでより意識を高めることができていましたが、スローガンの復唱はユニットで行えていないところがあったり、接遇に関する外部の方からの評価も知りたいという意見もありました。
今後は挨拶マイスターの存在を意識付けし、さらにより良い接遇という意識をもてるよう挨拶マイスターの研修なども徹底するようにしていくこととなりました。

リスクマネジメント委員からは、介護記録の書き方やその重要性などの再確認、与薬の際のダブルチェックの再周知を行いました。薬をしっかりと飲み込むまで確認することにより、これからも飲みこぼしを防ぐようにしていきます。

その後は梶田JTによるシーティングの研修を行いました。車椅子にただ座っているだけでも、その姿勢によっては廃用症候群を招いたり、誤嚥しやすくなったりとADLの低下を招くこともあるとのことです。
適切な座位姿勢は人それぞれで、いくつかのチェックポイントを教えてくださいました。
車椅子を利用している方も多いので、この研修を機に気をつけていきたいと思います。

梶田JT、とてもわかりやすい研修をありがとうございました。

記 ニッケあすも一宮 鈴木